無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

めめらう .


(Raul)
佐久間大介
七夕だー!!
ラウール
七夕だー!!
岩本照
お前ら、テンションたけぇよ笑
そう!今日は7月7日の七夕!
俺は何をお願いしようかなー?
佐久間くんとはしゃいでたら、扉の開く音がして入ってきた俺の大好きな人!
ラウール
めめー!!
椅子に座っためめの隣に行って、誰にも取られないように死守する。いつものように耳を触りながらお話。
ラウール
今日は七夕だよー!
雑誌の企画で短冊書くんだって!
目黒蓮
あ、そーなの。
俺何も決まってない笑
メイクをしてもらって写真を撮影したあとはいよいよ短冊を書く時間!

どうしようかな?

俺が悩んでる隣では、しょっぴーが、
渡辺翔太
できたぁ!
と可愛い笑顔で笹に短冊をくくりつけてるとこだった。ちなみにしょっぴーのお願いは絵がうまくなれますよーにだって笑

その下に書いてるのは犬の絵、かな?笑

左隣を見れば、めめが真剣に短冊を書いてる。やっぱイケメンだね!笑

そうだ!今年のお願いこれにしよ!

しゃしゃっと短冊を書いて俺も笹に短冊を吊るす。

俺のお願い、何か知りたい?笑
教えてあげる♪

『今年もいっぱいめめの耳を触れますように!』

にした!
めめの耳っていいよね。
目黒蓮
ねぇ、これキモいんだけど笑
ラウール
だってめめの耳好きなんだもーん!
もちろん、それ以外も好きだよ?
ふふ、キモいとか言っときながら嬉しそうじゃん笑
俺知ってるよ?めめが俺の事を大好きだってこと笑