無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

(Watanabe)

康二から連絡が来たのは夕方の四時。
遅すぎだよ…。
「もうちょっとしたら帰るからねー!」
置き手紙に行き先は書いてなかったけど、どうせふっかのとこなんだろうな…。

もう康二は俺に飽きちゃったの?

いろんな事を考えていたら、俺のお腹の音がなる。

腹減ったなぁ…。

この前、夜ご飯を作ろうとして手を切っちゃって、自炊は禁止!って康二から怒られた(笑)

それからは一切ご飯を作ってない。
向井康二
ただいまぁー!
渡辺翔太
おかえり。
今日はどこに行ってたの?
向井康二
めぐきゅんと遊んでたの!
今日は目黒か…。
向井康二
ごはん作るから待っててねー!
そう言ってキッチンに立った康二。
今日はなんのご飯なんだろ?
向井康二
はい!できたよ!
今日は親子丼やで〜!
渡辺翔太
いただきます。
渡辺翔太
美味しい…
向井康二
なんか元気なくない?
渡辺翔太
な、なんでもないっ!
正直、なんでもなくはない。
今の俺は嫉妬の塊だ。

俺の康二を取られたくない。

でも、そんな事、言えないし。
ご飯を食べ終わって、洗い物をしている康二を見ていると、
向井康二
やっぱりなんか変だよ?なんかあった?
と聞かれる。
あぁ、もう無理。自分のせいって気づいてないんだ
渡辺翔太
なんでもない。けど、今日の夜は覚悟しててね。
俺のこの気持ちに気づいてもらわないと困る。
向井康二
お、おん。