無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

めめこじ  .


(Meguro)
向井康二
俺はもっともっと好きやし!
目黒蓮
ねぇ、いつまで続けんの?笑
こうなったのはついさっき。 
仕事が早く終わって二人で電話してたら、
向井康二
めーぐきゅん!大好き!
って言われたから
目黒蓮
俺は愛してる
って返したら、
向井康二
俺はめめが思ってるよりめめのこと好きやから!
と言われたことから始まった。笑
目黒蓮
俺の方がこうじの事好きだかんね?笑
向井康二
いや、俺のほうがめめよりももっと好き!あ、そや!今日七夕やで!めめさぁ、七夕のお願いごと決めた??
急にどした?笑
目黒蓮
え、まだだけど
向井康二
ほらな!俺は3日前からめめとこれからもラブラブな関係でいれますようにってお願いするって決めてたもん!
俺の勝ち!
目黒蓮
いつから勝負になってたんだよ、笑 
てかラブラブな関係ってなんだよ!w
ちぇ、七夕利用されちゃった。 
俺の負け…なの?笑
向井康二
なんか声聞いたら会いたくなるな。
目黒蓮
だね。
向井康二
で、結局めめはお願い事どうすんの?
目黒蓮
ん?俺のお願いは、康二がこれからあんまり寂しい思いをしませんようにって今お願いした。
電話したときに時々俺に会いたくなって寂しいって言ってる康二。寂しい思いをさせてるって思うと申し訳ないし、今年はもっと康二と二人きりの時間が作れるようにって思いも込めてね!
向井康二
…できる彼氏やなぁ。
目黒蓮
そう?なんかありがと笑
今年は二人での時間が長く取れるようにしたい。
お星さま、お願いします笑