無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

勘違い  mmdt
・付き合ってます
・同棲設定






(Miyadate)
日曜日の朝。と言ってももう9時過ぎ(笑)

まだ寝ている恋人を起こさないようにそっとベッドを抜け出して、キッチンに立つ。
宮舘涼太
〜♪〜♪〜
鼻歌を歌いながらフレンチトーストを作ったりしてたんだけど、
宮舘涼太
あっ…
牛乳の入ったコップに手が当たって倒してしまった。あーあ、服も濡れちゃった。お気に入りだったからちょっとショック笑

服を水につけてから戻ると、フレンチトーストが焦げかけていて、慌てて近くにあったエプロンを着けてキッチンに戻る。
宮舘涼太
危ねぇ…
危機一髪、焦がす寸前でなんとかひっくり返す事ができた。
目黒蓮
おはよ〜
やっと起きたか。もう9時半だぞ?笑
目黒蓮
ねぇ…誘ってんの?
宮舘涼太
ほぇ?
無言で俺を指差す目黒。目黒のし線の先には裸でエプロンを着けてる俺。

裸!?

あ、服今洗濯中か…
服着るの忘れるとか、俺やば笑
目黒蓮
ねぇ、やっぱ誘ってんじゃん。
朝からこんな格好しちゃって…
あれ?彼なんか勘違いしてない?笑
宮舘涼太
牛乳かかっちゃって…んんっ
俺が事情を話そうとして振り向いたらキスされた。しかもまぁまぁ深い方(笑) 
目黒蓮
言い訳は良いから。
宮舘涼太
待って、勘違いなんだって!
目黒蓮
まだ言い訳するの?笑
誘ってきたのまずそっちだし(笑)
そう言ってベッドに押し倒される。
よく考えれば目黒とヤるのは初めてだ。

勘違いから始まった事だけど、年下に攻められるのも悪く無いと思ってる俺はヤバいやつなのかもしれない(笑)