無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

(Miyadate)
まさか、俺が選ばれると思ってなくて。
ちょっと動揺したよね笑

グループでの撮影を終えて次はソロの撮影に移る。
俺が1番最後。スタジオに入って写真を撮る。
宮舘涼太
ありがとうございました!
何枚か撮ってスタジオをあとにする。
部屋に入ると、残ってるのは佐久間だけだった。
宮舘涼太
あれ?みんなは??
佐久間大介
番組の収録とか用事とかあるみたいでみんな帰っちゃった。笑
みんな忙しいんだね。
なぜか寂しそうに笑う佐久間を放っておけなくて、
宮舘涼太
今日、うちくる?
と声をかけた。
佐久間大介
ほんとに!?
行く行く!!
キラキラと目を輝かせて喜ぶ佐久間を連れて、俺の家に帰る。
佐久間大介
失礼しまーす!
宮舘涼太
ご飯作るから、ちょっと待っててね。
佐久間大介
うん!待ってる。
待ってるとか言っときながらキッチンまでスタスタと歩いてきた佐久間。
宮舘涼太
なーに?
もうできるから、待ってて。
佐久間大介
ねぇ、Party timeって言ってよ笑
近づいて来たと思ったら、それかよ!笑
宮舘涼太
Party time✨
佐久間大介
ロイヤルぅー笑
そうこうしてるうちに料理が出来上がって、テーブルまで運ぶ。
宮舘涼太
はいどーぞ!
佐久間大介
うわぁー!美味しそう!!
いただきまーす!
大きな口を開けて、俺の料理を頬張る佐久間はなんか犬みたい笑   
佐久間大介
うまい!!
宮舘涼太
それは良かった。
宮舘涼太
で、なんで佐久間は俺なの?笑
今日1番俺が聞きたかったこと。
佐久間大介
あー、あの話?笑
なんでかって言ったらねぇ、涼太の料理美味しいし、頼りになりそうだし、優しいからだよ。
涼太呼びになってるし笑
佐久間大介
他の人は誰を選んでたの?
そんな事を聞いてきた佐久間。
宮舘涼太
康二は目黒で、ラウールも目黒でしょ?ふっかは照で照はふっか。
佐久間大介
わーお、カップル成立だ笑
宮舘涼太
で、目黒は佐久間と同じような理由で俺。翔太と阿部が佐久間だよ。
佐久間って答えた人、意外と多かったんだよねぇ。
佐久間大介
めめ、俺のライバルだ笑
宮舘涼太
じゃあ翔太と阿部が俺のライバルだね
佐久間大介
え?涼太も俺なの?
宮舘涼太
そうだよ。
佐久間大介
カップル、成立だね。
「ふふっ」と照れたように笑った佐久間。

ほら、そういうとこ。
俺より身長低いとことか、笑ったときの顔とか、そういう所が、"好き"なんだよ。
佐久間大介
俺、涼太のお嫁さんになってみたい。こんなに美味しい料理食べれるんでしょ?笑
またご飯食べに来てもいい?
宮舘涼太
またいつでもどうぞ。




恋が動いた音がした___