無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

・※
(Mukai)
さっとシャワーを浴びて、しょっぴーが居るであろう寝室へと向かう。
渡辺翔太
お、来た。
向井康二
ほんまにヤんの?
渡辺翔太
当たり前じゃん。 
そこ、座って?
指示通りにベッドに座ると、押し倒された。
そして、唇を重ねる。
クチュクチュ
向井康二
んっ……
舌を入れられたと思ったら、服の中に手を入れてきて、胸の飾りを触られる。
向井康二
んっ………んぁっ
渡辺翔太
声抑えなくていいから…
耳元で囁かれてるからか、久しぶりにヤるからか知らんけど、上半身だけでいつも以上に感じてまう。
向井康二
んっ………ぁっ…//
さらっと服を脱がされ、俺はされるがままの状態になった。
渡辺翔太
上半身だけでこんな感じちゃうんだ。
向井康二
言わんでっ//
渡辺翔太
顔赤いよ?照れてんの?
こーじ可愛いねぇ。
耳元で囁かれて、もう俺も限界やぁ。