無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第54話

(Fukasawa)
阿部亮平
ふっか、かわいいね。
深澤辰哉
んっ…ぁ…
俺の胸の突起を舐められ、時々カリッと噛まれて、その度に喘いでしまう。
阿部亮平
指、いれるよ
最初は一本だった指も、二本に増やしたり、バラバラとナカで動かされて、どうしても腰が浮いてしまう。
深澤辰哉
んっ…ひゃっ…//
阿部ちゃんの指が俺の前立腺らしきところを掠め、今までにはなかったゾクゾクとした快感が俺の身体を駆け巡る。
阿部亮平
へぇ…ここが好きなんだ。
深澤辰哉
んっ…ぁあっ…
何度も同じところを攻められ、あっけなく果ててしまった。
阿部亮平
もうイっちゃったの?
まだまだ、これからだよ。
さっきまでとは比べ物にならないくらいの大きさの阿部ちゃんのモノがあてがわれる。
深澤辰哉
待って、お、れイったばっか…
阿部亮平
もう待てないよ。
阿部ちゃんのモノが俺のナカに入ってくる。
深澤辰哉
いっ…痛いっ…
最初は圧迫感と痛みが強かったけど、目の前で乱れる阿部ちゃんを見るとそんなのはもうどうでも良くなるほどに愛おしい。
深澤辰哉
んぁっ…いっちゃ、阿部ちゃん
阿部亮平
んっ…俺も…
互いに果てた。 
それだというのにまた阿部ちゃんのモノはまた、硬くなり、熱を帯はじめる。

深澤辰哉
なんでまた、?
阿部亮平
え、ふっかエロいなぁって。
そう言ってまた律動をはじめる。
阿部ちゃんってこんな絶倫だったっけ、?

その後は言うまでもなく、夜が明けるまで抱き潰された。
───────END────────

リクエストありがとうございました🙇‍♀
遅くなってしまい大変申し訳ないです💦