無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

今日くらい     dtab
・付き合ってます。
・同棲設定
_________________
(Miyadate)
ガチャ、
サラダを作る為に野菜を切っていたら、控えめに開けられた家の扉。

キッチンから玄関の方を覗けば、そこには酷く疲れた顔をしている俺の恋人の姿があった。
宮舘涼太
おかえり、どうした?
阿部亮平
なんか疲れちゃった。
朝早かったからかな?

お疲れ様という意味を込めて俺特製のスープを作っていたら、
阿部亮平
何作ってんのー??
と、フラフラとキッチンの方にやってきて、そのままぎゅっと俺にくっつく。

今日どうした。いつもこんな事してこないじゃん。
宮舘涼太
お風呂先入んないの?
阿部亮平
だてさんと、入りたいなぁ…
本当どうした。いつもこんな事言わないじゃん。
しかも自分で言って照れてる。可愛いな、笑
宮舘涼太
もう、後でね。ほら、スープ出来たから席座って。
阿部亮平
やった、
今日は甘えたい気分なのか。
疲れてたからかな?今日ぐらい甘やかしてやるか。
阿部亮平
うま!
目を輝かせながらスープを飲んでて、俺も作った甲斐があったなーって。

うま!なんて言っちゃって、あざと警察さんいたら逮捕されちゃうよ?笑
阿部亮平
だてさんありがとう!
おいしかったよ!
宮舘涼太
うん。ていうか、今日どうしたの?
今はお皿を洗ってる俺のとこに来てまたぎゅーっとくっついて、離れそうにない。
阿部亮平
いいじゃん、今日くらい。
今日くらい、ねぇ。まぁいっか。
宮舘涼太
うん、お風呂の準備してきたら?
阿部亮平
だてさんも一緒。
そう言ってまた背中に顔を押し付けてる。
甘えたスイッチ入んの急だな。
宮舘涼太
はい、終わったよ。
阿部亮平
早く行こ!
そう言って俺の手を引いて小走りでパジャマを取りに行く阿部。

ほんっと、調子狂うなぁ…
宮舘涼太
あべ、待って。
俺まだエプロン外してねーんだわ笑
阿部亮平
阿部やだ。亮平がいい!
甘えたになった阿部は、阿部って呼ばれることを嫌がる。急に亮平って呼んだら照れて「やめて」とか言うくせに、こういうときは「亮平って呼んで」って、かわいいよね。
宮舘涼太
分かったよ、阿部。笑
阿部亮平
もう!だてさんの意地悪!
ちょっと意地悪したらこうやって可愛い反応してくれるんだもん。そりゃ意地悪したくもなるよね、笑


亮平のパジャマを持って自分のバスローブを持ったら、今度は俺が亮平の手を引く番。
宮舘涼太
ははは、ごめんって亮平
宮舘涼太
亮平、行こう。
脱衣場に入れば、お互い背を向けて無言で服を脱いでるからなんか気まずい。

亮平も照れてるのか一言も喋らないし、これは俺から声かけないとダメなパターンだな。
宮舘涼太
入ろっか。
阿部亮平
うんっ!
あ、嬉しそう。笑

二人で向かい合って浴槽に入れば、やっぱり狭くて、体が密着してる。
阿部亮平
久しぶりだね!お風呂入るの。
宮舘涼太
だねー。
ほんと、嬉しそうな表情するね。笑