無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

(Fukasawa)
向井康二
どうでした?俺の演技(笑)
深澤辰哉
いやぁー、最高だったよ笑
え、何話してるかって?

照を嫉妬させようと思って(笑)

だってさぁ、照の嫉妬してるとことか見たことないもん!だから見てみたいじゃん?笑
だから康二にいつも以上にくっついてもらうことにしたの!今日誘われたのもそのため。
康二って、もともと距離感バカじゃん?笑
だから協力してもらう事になったんだよねぇ。

向井康二
ふっかさんなんでそんなに嫉妬してるとこ見たいんですか?笑
深澤辰哉
だって見てみたいじゃん!
照の嫉妬だよ?絶対に可愛いと思うんだよなぁ(笑)
(Mukai)
深澤辰哉
絶対に可愛いと思うんだよなぁ(笑)
そう言ったことをきっかけに、惚気話がはじまる笑
ほんまに、この二人はお似合いのカップルやと思うわ笑

だんだん酔いが回ってきた頃ぐらいに二人とも帰ろうと思ったんやけど、終電を過ぎてしまっている。
あ!めめの家近いし泊まらしてもらお!
向井康二
ふっかさんはどうやって帰るんですか?
深澤辰哉
んー、野宿?笑
あかん。完全に酔っ払ってしまってる。
…いいこと思いついた!
向井康二
ふっかさーん?
ちょっとスマホ貸してー!
深澤辰哉
んー?はい!
LINEの履歴から照にぃの連絡先を探し出して迎えに来てもらえるか聞くと、秒速で既読がついて今すぐ迎えにいくわ。と返信が来た。
向井康二
ふっかさん?照にぃに迎えに来てもらいますから、ちょっと待ってましょ。
深澤辰哉
んー?分かった。
しばらくしたら照にぃの車が来て、ふっかさんと別れる。
岩本照
康二も気をつけて帰れよ!
向井康二
うん!ばいばい!
めめからOKもらったし、俺も帰ろ。