無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

(Sakuma)
阿部ちゃんと二人で家に帰って、ご飯を食べてたら阿部ちゃんが突然こんなことを言い出した。
阿部亮平
明日、予定入れないでね。
佐久間大介
了解ピーマンであります!!
でもなんで??
阿部亮平
教えない
佐久間大介
なんでよー!
阿部亮平
なんでも
阿部ちゃんの意地悪!! 
教えてくれたっていいじゃん!
佐久間大介
ごちそうさま!
ご飯を食べ終えておふろに入る。
湯船に浸かって考え事をしてたらもうこんな時間!!

アニメ始まっちゃうよー!!
慌ててお風呂から上がってテレビをつける。
ギリギリセーフ!
アニメが終わってテレビを消すと、いつの間にかお風呂に入っていた阿部ちゃんが立っていた。
佐久間大介
あぁ、阿部ちゃんいつの間に風呂入ってたの?笑
阿部亮平
佐久間がアニメ見始めたぐらいから。
もう夜遅いし寝よ。
もうちょっと起きてようと思ったのに…
でも阿部ちゃんのお誘いなら仕方無い。
佐久間大介
おやすみ〜
阿部亮平
ねぇ佐久間?
阿部ちゃんに呼ばれて後ろを振り向いたら



チュ


二人の唇が重なる。
急なことにびっくりして阿部ちゃんを押し返す。
佐久間大介
きゅ、急にどしたの…??
阿部亮平
明日、これの続きするから。
まぁ、お仕置きだから楽しくは無いけどね笑
佐久間大介
え、、、
ニヤリと笑って布団に入った阿部ちゃん。
俺、なんかしたっけ…