無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第88話

大嫌いです。 absk
(Abe)
佐久間大介
あーべちゃん!
ソファでスマホとにらめっこしていたら、佐久間の明るい声が聞こえてくる。
阿部亮平
どしたの?
佐久間大介
んふふ、ゲームしよ!
とかいいつつも、佐久間はゲーム機もスマートフォンも持っていない。
阿部亮平
なんのゲームするの?
佐久間大介
ん?反対の事言うゲーム!
…なんだそれ。詳しい説明おねがい、笑
佐久間大介
ルールは簡単だよ!俺がする質問に対して阿部ちゃんが思ってるのと逆のことをこたえるだけ!
阿部亮平
おっけー。
こんなこと言うのもあれだけど、ぜんっぜん詳しくない説明だね。ルールよくわかんないや、笑

嬉しそうに俺の隣に座って、詰め寄ってくる。
なんか、佐久間って小動物みたいだよね。

クリクリの目といい、フワフワな髪の毛といい、全部を守りたくなるような、そんな感じ。
佐久間大介
じゃあ一つ目!
阿部ちゃんはアイドルですか?
阿部亮平
いいえ!一般人です。なにこれ、w
なんだこのゲーム。
こんなこと言っちゃなんだけど、面白い?笑
佐久間大介
阿部ちゃんは、佐久間さんのこと好きですか?
阿部亮平
いいえ、大嫌いです。
佐久間大介
世界一佐久間さんの事が好きですか?
阿部亮平
世界一大っ嫌いです!
うーん…冗談でもきついな笑
どうせ言うなら好きのほうがよくない?笑

ていうか、佐久間はわざわざ俺に嫌いって言われにきたの?…なんか謎すぎない?

いつもいつも俺にベタベタひっついてきてたまに好きって言ってやるとめちゃめちゃ嬉しそうに抱きついてくるこいつが嫌いって言いにくるなんてありえない!!(超早口)
佐久間大介
じゃあ阿部ちゃん!
阿部亮平
はい!
佐久間大介
答え合わせのお時間です!
急に名前呼ばれたから声裏返ったじゃん。
ていうか、俺クイズかなんかやってたっけ?

逆のこと言うゲームじゃないの、これ。笑
佐久間大介
さっき逆で言ってたことの反対を言うの!つ、ま、り!俺がさっきした質問に阿部ちゃんの本心でこたえて!!
なんか、急に難しいこと言ってくるじゃん。

……あ、佐久間が本当に俺に言われたかったこと、分かったかも、
阿部亮平
俺は正真正銘アイドルです!佐久間の事は大好きです。世界一!いや、宇宙いち、大大大大大好き!
佐久間が欲しかったのはこれでしょ?笑

好きって言われたいなら素直にそう言ってくれたらいいのに、佐久間ってそういうとこは素直じゃないよね。まぁ、そんなとこも可愛いんだけどね。
佐久間大介
にゃは!俺も阿部ちゃんだーいすき!
抱きついてきた佐久間を抱きとめればんふふ、と笑う佐久間の声が耳元で聞こえてくる。

本当に、宇宙一大好きだよ、佐久間。

フワフワの金髪を撫でて、腕の中に佐久間が居てくれることの幸せを噛み締めた。
______End________