無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

お仕置き mmdt
(Meguro)
俺は今、怒っている。 

今日は9人で出ているテレビ番組の収録の日。
「翔太ー」
そう言ってしょっぴーの所に行くのは俺の恋人である、舘さん。

いつもはメンバーに甘えているところを見たことないんだけど、今日は翔太くんに甘えている。
幼なじみだっていうのは分かるけど、肩をくっつけて話しているところを見てると、流石にね?
目黒蓮
康ニー、自販機行かね?
向井康二
うん!
流石に見ていられなくて、楽屋を出た。
向井康二
めめって意外と嫉妬する方なんやね笑
目黒蓮
え、バレてた??
向井康二
バレバレやで笑
やっぱりか…
向井康二
でもめめの前であれはやばいなぁ笑
目黒蓮
でしょ?恋人の前であれはやばいでしょ!?
向井康二
そやな(笑)
俺の前でイチャイチャしちゃってさ…
ほんとに、家帰ったらただじゃおかないから。
楽屋に戻ってもまだ、二人で楽しそうにしてる。
それを見た康ニと俺は苦笑い(笑)
そうこうしてるうちに収録の時間。スタジオに移動する。
収録中も二人で楽しそうにしちゃってさ。
もうほんと、許せない!!
あんな甘々な舘さん、俺も見たことないよ…
収録が終わり、楽屋へ戻る途中、佐久間くんに声をかけられた。
佐久間大介
めめー!
目黒蓮
あ、佐久間くん!
佐久間大介
ゆり組今日やばくない?笑
楽屋でもすっごいくっついてたし(笑)
目黒蓮
ほんとに思います!
普通俺の前であんなことします?
佐久間大介
ははっ!めっちゃ嫉妬してんじゃん笑
そう言って俺の前を通り過ぎてく佐久間くん。

舘さん、帰ったらお仕置きですよ。