無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

嫉妬  nbab
設定

二人は付き合っている。
(同棲している。)
────────START────────
(Shota)




今日は雑誌の撮影の日。
今日のペアは俺と涼太、いわふかの二人、あべさく、めめとラウと康ニの3人なんだけど、俺の心配は阿部ちゃん。

さっき撮影現場についたんだけど、トイレに行ってた隙に、佐久間に阿部ちゃんを取られた。
佐久間大介
あーべちゃん!
阿部亮平
ん?何??
佐久間大介
今日の衣装すっごい似合ってるね!
阿部亮平
うふふ、ありがと!
阿部ちゃんも嬉しそうにしちゃってさ。
俺が嫉妬しないとでも思ったの??
心配なのはここから。
だっていよいよ撮影が始まっちゃうんだもん。
最初は俺らから。
カメラマン
もっと二人、寄ってー!
ソファの上で、カメラマンさんに指示された通りに涼太とくっつく。

え、今日の撮影こんなに近づくの?やばいじゃん。
カメラマン
渡辺くん、顔かたいよ!もっとリラックスしてー!
渡辺翔太
は、はい!
やばい、動揺しちゃった。
撮影が終わり、
宮舘涼太
翔太が言われんの珍しいねぇ
と、衣装でさらに貴族っぽくなっている涼太に言われた。
渡辺翔太
確かにね、笑
次は阿部ちゃんかな?
あんなにくっつくのかなぁ…。

あぁもう、心配でしかない!!
控室に戻り、しばらくくつろいでいたら、撮影を終えた二人が帰ってきた。
佐久間大介
あんなにくっついて撮影するとは思わなかったよねぇ笑
阿部亮平
だよね笑
佐久間大介
でも阿部ちゃん可愛かったよ?
もっかい肩にコテンッてやって!
阿部亮平
えー…
なんて言いながらも、佐久間の肩に頭を置いた阿部ちゃん。

なんでいつもは嫌がるのに今日は佐久間に甘いの??

俺には甘えてくれないくせに。