無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

# 4


あなた:席 … ここ ?




友達:え … 近くね …





言葉を失うってこういう事を言うんだろう






----------------------------------------


JUMP👏JUMP👏JUMP👏JUMP👏JUMP👏JUMP👏JUMP👏JUMP👏JUMP👏



JUMPコールが始まった

私達も一生懸命声を出した



バンッ




涼介:騒ごぉーぜーーーーー!!




ファン:きゃーーーー♡





涼介君の一言で始まったLIVE




あっ!いのちゃんこっち来る




友達:いのちゃんこっち来るよ?!



あなた:う、うん//




友達:早く!!ファンサ団扇!!




友達に急かされながらファンサ団扇を振る



バチ



あなた:あっ//




今 … 目が合った//




友達:い、今完全にあなたのこと見てたよね?!



興奮気味の友達に比べて私は放心状態



ファンサはしてくれなかったけど…

初めて目が合った 、 こっちを見て微笑んでくれた


それだけで嬉しくて … 涙が出てきた




目が合った なんて大したことじゃ無いでしょ?

って言われたらそうかもしれない

でも、貴方の綺麗な瞳に一瞬でも写れたことが嬉しかった



それだけで私は充分で …




あなた:ありがとう …




心の底から出た言葉 …

貴方を好きでいてよかった 、 応援しててよかったって

心から思ったよ






これからもずっと貴方を思っています。




❦ℯꫛᎴ❧