無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

急 が な き ゃ 。
__ キーンコーンカーンコーン











チャイムの音が鳴り響き 、 放課後を迎えようとしていた 。










『 やっべ 、 今日こそはバイト行かなきゃ 』









最近 、 廉によく止められてバイトを連続で休んでいる 。

何故止めるのかは分からないけど 、

優しい職場だとは言え 、 そろそろ行かないとクビにされる 。











わたしは猛スピードで校門を後にした 。