無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

朝 。
__ ピピピッ







機械音と共に私に朝だと知らせる日差し 。








『 ...あさ 、 』








私は朝が大の苦手だ 。