無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

予 想 外 。
『 すみません 、 遅れました ! 』
















頭を思いっきり下に下げ店長に謝った 。



__ きっと怒られるんだろうな 。


心の中でビクビクしながら 。












そして 、 店長は目を大きく開いたままこう言った 。

























「 あれ 、 辞めたんじゃなかったの ?! 」




















それは 、


怒りの声でもなく心配の言葉でもなく 、

予想外の言葉だった 。