無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

37
2019/12/22

第2話

SHION/Non Stop Rabbi
君とバイバイしてから春の風が
吹き込むのは何度目かな

貴「はるくん!」

晴)…あなた、

あなたがいつも座っていた
窓際には新しい家具はまだ置けないでいる

付き合った時は1だったのに
気付けば別々になっていて

そんなことに悲しいとか苦しいとか
言わないよ、そんな綺麗事…

そう言えばあの時、
俺達が別れる時あなたに言われた言葉

晴)別れたくないよ、

貴「私たち歩く歩幅が違うだけ」

晴)え?

貴「でも、歩く歩幅が違うなら」

『2人は離れていくんだよ』

悲しそうな笑顔でそう言っていた
別れ際、あなたの背中が
少しづつ遠くなって言った