無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

426
2021/07/05

第3話

_
グクを引き取って1日目
🐯
グク君....?お昼ご飯食べよ!
そう言うと
🐰
....
返事はしないけど


コクンってうなづいてくれた










いや、可愛いすぎ




祖母が言っていたことによると




グク君は人見知りなのだとか、






いや、可愛いすぎ((2回目
🐰
モグモグ



グク君は食べてる時


ほんとに兎みたいで愛おしい
🐯
来てくれてありがとね、


気づいたらそう言っていた


グク君は
🐰
....!
ちょっと驚いた顔をして
🐰
こ、こちらこそありがと....!
必死に僕の目を見て言っていた
🐯
可愛いー


僕と目を合わせてくれて



喋ってくれたのが嬉しくて








ついグク君のほっぺを触って
🐯
うりチョンサや〜
って言ってみると
🐰
えへへー、
めっちゃ嬉しそうな顔して微笑んでたから






心臓壊れるかと思った















やばい、別の意味で引き取ったら








危険だったな....










果たして俺の心臓はもつのでしょうか_____