無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

Episode3.
Episode3 あなたside.
Illumination(イルミネーション).







シルクと付き合ってからちょうど1年半。










その日は2人でイルミネーションを見に行った。

とても綺麗で,幻想的だった。
そしたら君が
🔅「来て。」
って言って,水が光り輝く


噴水に連れてってくれたよね。










そしたらさ,君が指輪を見せて
🔅「僕と,結婚してください」
そのとき,涙が溢れた。
🌟「はい…」
涙が止まらなかった。
君は私にハグをしてくれた。
付き合ってくれた日と同じように。














周りからは拍手が聞こえた。












夜に輝くイルミネーションは






















とても綺麗だった____

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひよたらこ🐤👄
ひよたらこ🐤👄
Twitter━━━☞@Hiyori44335664 Instagram━━━☞hiyo.silk0826 語彙力ないです、
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る