無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

つらいなぁ...
藍夏
藍夏
私はさ。
藍夏
藍夏
今、中学2年生なんだけど
藍夏
藍夏
次3年生で受験生なのね。
藍夏
藍夏
それで親とか友達にさ
藍夏
藍夏
「どうせいい所に行けないんだから努力しても無駄だよ」とか
藍夏
藍夏
「良い高校に行けないんならもう知らない」
藍夏
藍夏
とかさ。
藍夏
藍夏
行きたい高校生はあるよ。
藍夏
藍夏
でも、私が1番今なりたいのは音楽関係で
藍夏
藍夏
でも、親には全部否定されて。
藍夏
藍夏
友達にもおかしいって言われて。
藍夏
藍夏
なれるはずないって。
藍夏
藍夏
まだ決まったわけじゃないのにね。
藍夏
藍夏
やっぱりダメなんだって。
藍夏
藍夏
結構好きな職業見つけたのにさ。
藍夏
藍夏
学校の先生にも
藍夏
藍夏
親にも
藍夏
藍夏
友達にも否定されて
藍夏
藍夏
どうすればいいの?
藍夏
藍夏
何を目標に生きていけばいい?
藍夏
藍夏
何も無くなっちゃったんだよ。
藍夏
藍夏
私には。