無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

疲れた



















愛してくれる人もいなければ















































救ってくれる人もいない


































































さようなら







大好きでした







どうか私を忘れないで