プリ小説
一覧へ

第5話

めいの両親
「よく出来たな!めい!お前は俺の自慢の娘だ!」
小さい頃から運動神経がよく、何でもすぐに出来てしまい近所の子供には勉強を教えて欲しい、どうやったら速く走れるか、こんなことを聞かれていた
めいはお父さんが大好きだった
あの日が来るまでは…
あの日めいは久しぶりに早く起きてしまった
そこでめいは見てしまったのだ
実のめいの母親(妻)を斧で殺して腹の中にあった胃だの腸だのを引きずり
出して食べていた
「お…とぅ……さん?」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

ひなた
ひなた
ほぼ初心者 下手ですが暖かい目で見てください 頑張って早く投稿するつもりです! 頑張るお