プリ小説

第4話

めいの夢
しばらくいや何年も寝ずに過ごしてきたせいか意外とすぐに寝ることが出来た
めいは夢の中に入っていった
そんな夢の中に入りこんでいったのは小さい少女が見た小さな夢だった
めいは夢の中で自分が小さかった頃の夢を見た
「おとーさーん!みてみて!出来たよ!」





続く





めちゃくちゃ短くてすいません!
お気に入り登録2ありがとうございます。
引き続き(ㅅ´ ˘ `)楽しんでくださいな

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひなた
ひなた
ほぼ初心者 下手ですが暖かい目で見てください 頑張って早く投稿するつもりです! 頑張るお
ホラーの作品もっと見る
プリ小説公式作品を読もう!