無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

事故
20××年 3月25日  この日は付き合って1年目を迎える日だ。
翔祐はデートの待ち合わせ場所で玲菜を浮かれながら待っていた。
こんなLINEをしながら…
翔祐
翔祐
着いた、玲菜は?
玲菜
玲菜
まだ〜
玲菜
玲菜
ごめんね!ちょっと混雑してて遅れそう
翔祐
翔祐
あーね
翔祐
翔祐
大丈夫、じゃ待ってるわ
玲菜
玲菜
ありがと!
翔祐くんともう1年か〜、早かったなー
翔祐
翔祐
早いよねー
ま、今日デート楽しみにしてて!
待つこと20分くらいだっただろうか
あまりに遅いので電話をかけた…出ない。
道を歩いているはずの玲菜が電話に出ないなんてありえた話ではない

プルルル。玲菜からかな?と電話のかかってきている携帯を見ると、翔祐の目にうつったのは「玲菜母」の文字だった
少し不思議に思いながらも電話に出ると焦った様子で翔祐に言ってきた
玲菜母
玲菜母
翔祐くん。落ち着いて聞いてね。
はぁはぁ…
翔祐
翔祐
はい
どうしましたか?そんなに息を荒くして
玲菜母
玲菜母
あのね、玲菜が大型車と事故にあったのよ……。
翔祐
翔祐
え…。
ほんとですか!?
どこの病院ですか?今から行きます