プリ小説

第6話

ろく。
ジョンヨン
あなた〜おはよ!
あなた
ジョンちゃんおはよ!

ジョンちゃんってなんですかㅎㅎ
ジョンヨン
そーだ、大丈夫だった?
あなた
何が?
ジョンヨン
入院してたんでしょ(ボソッ
あなた
あー、うん。してた。

ジョンちゃんも、あなたちゃんの病気の事知ってます。
ジョンヨン
また、何かあったら、言ってね。
あなた
うん。
ユンギ
なぁ、俺の事忘れてね?
あなた
あ…
ジョンヨン
ごめ〜んㅎㅎ
あなた
ごめんね。
ジョンヨン
まぁ、良いって事にしといて!
ユンギ
仕方ない。許してやろう。
あなた
上からだねぇ。
ユンギ
あ、そうだ。
ジョンヨン
何?
ユンギ
学校に着いたら、ジョンヨンに嬉し〜〜〜い
お知らせがあるから。
ジョンヨン
え、なに、なに?
ジョンヨン
あなた、知ってる?
あなた
え?あ、分かんない。と思う。
ジョンヨン
まぁ、良いや
next➭

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🥀じ ゆ ん。
🥀じ ゆ ん。
ファンネーム→ゆん族 ファンマーク→🥀✨ 読者ニムいつもありがとうございます💓 最近、大好きな小説の作者さん達にコメント貰えてテンション上がりまくりのじゆんです。 てこで、砂糖になりますた♡ ※気に入らない作品はばんばん消してます※ ____________________ 久しぶりに戻ってきました。 だから、今のプリ小説の状況を よく理解していません。 でも、悪くなっているのは分かります。 皆さんで戻していきましょう。 ____________________