無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

Episode 2
私は立ち上がり、歩こうとする。
…が、すぐにバランスを崩してしまった。
(……あ)
_@_
(…これは…)
_@_
(かなり…)
足もとには大理石の床。
_@_
(どうし…)
そう考える間にも、体はどんどん重力に引っ張られていく。
_@_
(ぶつかる…!!)
固く目を閉じ、身をすくめる。
…が、いつまで経っても衝撃は襲ってこない。
_@_
(あれ…?)
恐る恐る目を開く。
そこには──
???
大丈夫?オネーさん♪