無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

29
あなた・トラッポラ
せ、、先輩、、
ヴィル・シェーンハイト
どうしたの、あなた
あなた・トラッポラ
こ、、、この、、、
スカート丈は、、、、
あなた・トラッポラ
短すぎますぅッ!!
いや、今女装の方になってたんだけども
スカートの丈が短過ぎる
ヴィル・シェーンハイト
普通じゃない
って、先輩は言うけど
絶対これ普通じゃない
(^ω^)
あなた・トラッポラ
いや、、、
ヴィル・シェーンハイト
似合ってるんだから、堂々としてなさい
あなた・トラッポラ
ヴィル先輩、、、
ヴィル・シェーンハイト
ほら、行くわよ!!
あなた・トラッポラ
あ、ちょっとッ!!
カメラマン
お、可愛い!!
あなた・トラッポラ
ッ、、///
カメラマン
それじゃあ、場所移動するよ〜
あなた・トラッポラ
(これ、無理だぁ、、、/////)
ヴィル・シェーンハイト
あなた
あなた・トラッポラ
な、なんですかッ、、
ヴィル・シェーンハイト
ちゃんと胸を張りなさい
ヴィル・シェーンハイト
せっかくの可愛らしい姿が台無しよ
あなた・トラッポラ
じゃあ、スカート丈を長くしてくださいッ!!
ヴィル・シェーンハイト
それは、出来ないわ
あなた・トラッポラ
(/;ω;\)
ヴィル・シェーンハイト
そんな顔したってダメ
あなた・トラッポラ
僕、こんなの無理ですって、、
ヴィル・シェーンハイト
あと何枚か撮ったら帰れるんだから
ヴィル・シェーンハイト
我慢しなさい
あなた・トラッポラ
はーい、、、
トレイ・クローバー
お、、、あれはあなたじゃないか、、?
ケイト・ダイヤモンド
あ、可愛い〜!!
トレイ・クローバー
でも、あいつなんでスカートなんか履いてるんだ?
ケイト・ダイヤモンド
撮影なんじゃない?
トレイ・クローバー
しかも、赤面だし、、、
ケイト・ダイヤモンド
きっと、恥ずかしかったんでしょ
トレイ・クローバー
帰ってきたら、タルト焼くか
ケイト・ダイヤモンド
そのために街まで来たんでしょ‪w
トレイ・クローバー
そうだったな‪w
ケイト・ダイヤモンド
んじゃあ、帰るとしますか〜




それから、数時間後、、、
あなた・トラッポラ
ただいま戻りましたぁ〜
トレイ・クローバー
あなた、おかえり、
あなた・トラッポラ
トレイ先輩、、、
あなた・トラッポラ
タルトはありますか、、?
トレイ・クローバー
言うと思って、焼いてたよ笑
あなた・トラッポラ
ほんとですか!!
トレイ・クローバー
そこにあるから、自由に食べてくれ
あなた・トラッポラ
いただきマース!!
あなた・トラッポラ
(。・н・。)パクッ
あなた・トラッポラ
ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"
あなた・トラッポラ
おいひい、、
トレイ・クローバー
疲れた時には糖分だからな
あなた・トラッポラ
ですね、、食べすぎると太りますけど、
トレイ・クローバー
そこは、自己管理だな
あなた・トラッポラ
ごちそー様でした、、
トレイ・クローバー
もう、部屋に帰って寝るか?
あなた・トラッポラ
課題を済ませてから寝るようにします
トレイ・クローバー
それが、正解だな
トレイ・クローバー
おやすみ、あなた
あなた・トラッポラ
おやすみなさい、、、
んー、今日は色々予想外だったな‪w
撮影は聞いてたけど、女装とか全く聞いてない
ほんと、あんなの誰かに見られてたら、、
われ、死んじゃうよ、、、
あなた・トラッポラ
えーと、ここがこうか、、
あなた・トラッポラ
んー、、あれか、、な?
あなた・トラッポラ
いやー、めんどいなぁ
あなた・トラッポラ
課題なんて燃やせればいいのに
あなた・トラッポラ
さすがにそれはダメかな‪w
グギュルルルル
あなた・トラッポラ
え、、お腹の音やっば
あなた・トラッポラ
夜食作りに行くか、、

キッチンは、、食堂かな
誰か居てくれたりしたらめっちゃうれぴ
いるとしたら、、ジャミル先輩とか?
いや、カリム先輩から離れる訳には行かんか
ポムの人達は、夜食とか食べなさそう‪w
やっぱ、美に関しそうだしね








よし、食堂到着〜って
誰もいないか、、期待しなきゃ良かった
あなた・トラッポラ
何作ろっかな
久しぶりに日本食が食べたい、、
お味噌とかあんのかな
適当に作るか、、



✂ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちなみに、補足ですが

ラウンジでバイトした時には
「料理ダメ」 と言っていたあなたですが
実は、めちゃくちゃ料理上手くて
客に出せる味じゃないと自分で思っているので
キッチンに行かなかっただけです