無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

12
さぁ、授業が終わり、放課後へ
あなた・トラッポラ
〜♪
エース・トラッポラ
あれ、あなたやけにご機嫌じゃん
あなた・トラッポラ
午前の授業サボれて嬉しかった〜!!
エース・トラッポラ
なんだ、そこかよ‪w
エース・トラッポラ
今日はどっか部活体験行く?
あなた・トラッポラ
今日は、バスケ部にお邪魔しよっかなー
エース・トラッポラ
お、バスケ部来んの?
エース・トラッポラ
あの、先輩もいるってのに?
あなた・トラッポラ
まぁ、大丈夫大丈夫!!
あ、私あなた・トラッポラ!!
今すっごくテンションが高いんだァ⤴
寝すぎたせいに決まってんじゃん
で、今からバスケ部の体験に行こうと思って
兄さんに着いてってるんだけど〜?
ものすごーく視線を感じるのは気の所為でしょーか
気の所為ですね、無視しましょう!!




はい、ただいま、戦場を見ております
バスケってこんな早かったっけ
あれ?予想と全然違うんだけど
これは、やめといた方がよさそうですね
軽音部もいいな
おし、こっそり抜け出して軽音部行こう
あれ、軽音部って部室どこよ
ボドゲ部も行きたいし、
もういいや、、
帰宅部でいいわ、、
主)あのー、とてつもなく困るんですが
あら、主さん登場?帰ってもらっても宜しくて?
主)帰宅部は困るんですよぉ、、
主)もうなんでもいいんで決めていただけると
主)すっごぉくありがたいというか
んじゃあ、マジフト部いく
主)はい、あざまーす





てってれてーてーてー(○○エモン風に)



マジフト部入部〜!!
ラギー・ブッチ
あ!!やっと来てくれたッスね!!
あなた・トラッポラ
ちゃんと約束は守る義務なんで
嘘です、はい、
めんどくさくなってここに来ました
ラギー・ブッチ
(まだ三つ編み残ってるっス、、)
ラギー・ブッチ
あ、そうだ!!
ラギー・ブッチ
エペル君!!
エペル・フェルミエ
はい!!ラギー先輩何か、?
ラギー・ブッチ
こいつ、今日からマジフト部の部員っス
エペル・フェルミエ
えっと、、この女の子がですか、?
あなた・トラッポラ
あの_:(    _ ́ཫ`):_
あなた・トラッポラ
女子では無いです、、
エペル・フェルミエ
あッ!!ごめんなさい!!
あなた・トラッポラ
いやいいんです、、
現に女ですしぃ、、、
レオナ・キングスカラー
ふわぁ〜!!
レオナ・キングスカラー
おッ、この間の草食動物じゃねぇか
あなた・トラッポラ
あ、レオナ先輩!!
あなた・トラッポラ
今日からマジフト部入らさせてもらいました!!
レオナ・キングスカラー
ッ?!(本当に入ると思わなかった)
あなた・トラッポラ
よろしくお願いしますねニコッ
営業スマイルは大事ですよォ〜
レオナ・キングスカラー
お、おう、、









その後、マジフト部へ入部したのはいいが
リドル先輩、兄さん
アズール先輩に何故か叱られました
きっと、
馬術部に来なかったから
バスケ部を勝手に抜け出したから
ボドゲ部も考えてると言って来なかったから
でしょうな
まぁ、、リドル先輩と兄さんだけは叱りのみで良かったからいいものの
何故かね、一日だけラウンジで働くことになった
これは、ピアスを取り返せるチャンス!!


死にながらでも取り返すze☆
あッ、なんか主が言ってたけど
「リクエスト等あったら気軽にどーぞー」
との事でしたね
ふぅ〜!!
寝るか〜!!
おっやすみぃ
(またまた早朝にあげるという)