無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7(少🔞)(いや違うかも)
あなた・トラッポラ
んーッッ!!
あなた・トラッポラ
今日は疲れたぁ、、
今は、全部の授業が終わって部屋でのんびりしてる
まだ先輩たち部活っぽいから
寮に1人なんだよね、(’ω’)サイコウカヨォォォォォォォ
あなた・トラッポラ
何しよっかな、、やっぱツイステするか
いつもの如く、授業LOOPして
レベルを上げつつも、ストーリーをクリアしていく
あ、今ハーツラビュルピックアップやん
課金して引くか
100連ぐらい行っちゃう?行っちゃう?
おーーーーし、いけぇぇぇぇぇえ!!
えまって、最初からSSRだと?!


フロイドォォォォォオ!!
フロイド・リーチ
あれ、それ俺じゃん
あなた・トラッポラ
そうだよ、フロイド先ぱi(((殴
あなた・トラッポラ
なんでいるんですか、、ココ、オクタ寮じゃないですよ、、
フロイド・リーチ
なんで俺がいるかってぇ〜?
フロイド・リーチ
それはもうすぐしたらわかると思うよぉ〜
え、展開が急すぎるなぁ、、
われ殺されるとかないよね?いやさ
ツイステのキャラになら殺されてもええけど
まぁ、せめて、もーすこし満喫させて欲しかった、(死ぬ気)
あなた・トラッポラ
何してるんですかねぇ、、
あなた・トラッポラ
ジェイド先輩
ジェイド・リーチ
おや?気配は隠していたつもりなんですが
あなた・トラッポラ
無駄ですって、、てか
あなた・トラッポラ
その手に持っているものは?
ジェイド・リーチ
あぁ、魔法薬です
フロイド・リーチ
もう遅いよジェイド〜
ジェイド・リーチ
すみません、これでも急いだんですけどねぇ
フロイド・リーチ
ほんじゃあ、準備も整ったことだしぃ〜
ジェイド・リーチ
始めますかね、フロイド
フロイド・リーチ
そうだねぇ、ジェイド
もう、何を見せられてんのさこれ
神達の雑談でも見せられているんでしょうか
フロイド・リーチ
はい、あなた
フロイド・リーチ
これ飲んでぇ〜
あなた・トラッポラ
いや、無理ですよ
あなた・トラッポラ
怪しさ満々じゃないですかその魔法薬
ジェイド・リーチ
大丈夫ですよ、栄養剤と同じようなものです
あなた・トラッポラ
そんなにやけ顔で言われて信じるとでも?
フロイド・リーチ
じゃあ、飲んでくれないのぉ〜?
あなた・トラッポラ
はぁ、、そうに決まってまs(((
あなた・トラッポラ
ングッ!!
ちょーちょちょ、フロイド先輩?!
なーに、飲ませてくれちゃってるんですか!!
でもまだ飲んでない!!今吐き出せば!!
あなた・トラッポラ
ムグググッ!!
フロイド・リーチ
出させないからねぇ〜
口抑えられたらなんにも出来ねぇよ、、
飲む訳にも行かないし、、
ジェイド・リーチ
ほら、早く飲んだ方が楽ですよ?
いやぁ、飲んだらどうなる事か、。
フロイド・リーチ
早く飲めよ
生で聞けた、もう死んでもいい
はぁ、、、もう、飲んじゃおっかな、、
ゴクッ
そう音が聞こえたあと、















私は意識を手放した
フロイド・リーチ
やっと飲んでくれたぁ〜
ジェイド・リーチ
第1段階完了ですねフロイド