無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

42
あなた・トラッポラ
なッ、、なッ、、なんですとーッ!!
あなた・トラッポラ
こ、、、こ、、、これは、、、
あなた・トラッポラ
メイド服じゃないですかぁぁぁあ!!
あなた・トラッポラ
ちょ、制服着てジェイド先輩に文((((
あなた・トラッポラ
あれ、、、、服は?
あなた・トラッポラ
ここに置いといたはず.......?
あなた・トラッポラ
( 'ω')ふぁっ
あなた・トラッポラ
してやられた(  ˙-˙  )
あなた・トラッポラ
着るしかないのか、、いや、、うーん
あなた・トラッポラ
着るしかないな
さっきのあいつら、、、
あなた・トラッポラ
これを使うまでもなかったか
護身用ナイフ、、、一応持ってるけどさ
使うとこなくね((((
ジェイド・リーチ
あなたさん、早く着替えて貰えますか
あなた・トラッポラ
、、、、、、(脳内処理中)
あなた・トラッポラ
?!
ジェイド・リーチ
店内が混み始めてるんですよ
あなた・トラッポラ
じゃあ、いつもの制服をくださいませんかね
ジェイド・リーチ
それではなにか不満でも?
あなた・トラッポラ
こんなの着れるわけないです
ジェイド・リーチ
それは残念です、、、撮影では着ていたのを見かけたんですが
あなた・トラッポラ
なんでそれをッ!!
ジェイド・リーチ
そんなことは今話すことじゃないです
ジェイド・リーチ
早く着替えてください
あなた・トラッポラ
分かりましたよ、、その代わりバイト代2倍で
ジェイド・リーチ
アズールに交渉してみます
これ、、頭につけるんかな
うわ、ニーハイ、、、最悪だよ
お、この靴可愛い、、盗もっかな
あなた・トラッポラ
これでいいですか?
ジェイド・リーチ
(想像以上に可愛いッ.......////)
あなた・トラッポラ
この格好だと、僕ホールですか?
ジェイド・リーチ
そうですね。
あなた・トラッポラ
ほんじゃあ、気合い入れて行きますか
ジェイド・リーチ
僕はアズールと話があるので失礼します
そして、ホール
フロイド・リーチ
あ、あなたじゃん〜
あなた・トラッポラ
フロイド先輩.......
フロイド・リーチ
かわいいー♡似合ってるじゃん
あなた・トラッポラ
今日休みなんじゃ、、
フロイド・リーチ
あなたがいるから来たー
あなた・トラッポラ
ッ.......(いないと思ってた)
フロイド・リーチ
それじゃあ、接客よろしくー
フロイド・リーチ
もうお客さん待ってるから
あなた・トラッポラ
はーい、、
あなた・トラッポラ
いらっしゃいませ
あなた・トラッポラ
ようこそ、モストロラウンジへ
あなた・トラッポラ
当店をご利用頂きありがとうございます
あなた・トラッポラ
今回が、初めての来店でしょうか?
〜割愛〜
あなた・トラッポラ
(めんどくせ、、、)
フワッ(スカートがめくれる音)
あなた・トラッポラ
(はぁ、、、)
あなた・トラッポラ
フロイド先輩
フロイド・リーチ
ん?なぁに〜?
あなた・トラッポラ
あそこのテーブルの客締めといてくれません?
フロイド・リーチ
おっけぇー
ジェイド・リーチ
フロイド、何も無いのに締めては行けませんよ
アズール・アーシェングロット
そうですよ、あなたさん何があったのかお聞きしても?
あなた・トラッポラ
僕男だからあんま関係ないのかもですが
あなた・トラッポラ
そいつ、僕のスカートめくりました
アズール・アーシェングロット
それはしっかり罰を与えなくては
ジェイド・リーチ
どうします?消しときます?
アズール・アーシェングロット
消すのは行けませんよ、僕らが犯罪者になります
フロイド・リーチ
死なない程度に絞めたらいいんでしょ?
アズール・アーシェングロット
そうです。その程度でお願いしますね
あなた・トラッポラ
あ、先輩方ちょっと待って貰ってもいいですか?
あなた・トラッポラ
着替えてきます、先輩制服返してください
ジェイド・リーチ
なにかするおつもりで?
あなた・トラッポラ
イタズラ程度ですよ
ジェイド・リーチ
それならいいです、はいどうぞ
シュタッ
フロイド・リーチ
はっえ.......
アズール・アーシェングロット
やはり魔法士としては1年にして4年生を凌ぎますね
アズール・アーシェングロット
入学して初めてのテストは首席だったとか
あなた・トラッポラ
お待たせしました、
フロイド・リーチ
はっや?!
ジェイド・リーチ
それじゃあ、待ってますので
あなた・トラッポラ
了解ですッ☆
これから何をするのかってぇ?
もちろん変態やろをフルボッコだドンッ☆((((