無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

28
ガチャ
あなた・トラッポラ
えっと、、、ここかな、、?
「あ、あなたさんですか?」
あなた・トラッポラ
は、はい!!
「メイクと衣装担当のネーアと申します!!」
あなた・トラッポラ
ネーアさんですか、よろしくお願いします!!
「じゃあ、メイクの方からしていきますね」





それから、まぁ、、、15分くらいかな
「はい、完成しました!!」
あなた・トラッポラ
(。=`ω´=)ぇ?
あなた・トラッポラ
これが、、僕ッ?!
「それじゃあ、衣装持ってきますね」
あなた・トラッポラ
え、、、えぇ、、、え、、
あなた・トラッポラ
僕こんな美少年やったん?!
ありえん、ありえん
だって鏡に映ってんの別人よ?
は?アホちゃう?
マジで意味不なんすけど
「それじゃあ、これに着替えてください!!」
「髪型は、後ろでキュッと束ねてくださいね」
あなた・トラッポラ
了解しました、、
はぁ、、、これもうやるしかないか、、
女装はどうにかするとして
とりあえず今を乗り切らないと
あたし、ヒロインだから♡キャピッ
おrrrrrrrrrrrr
ゴホッ...ヴ...ゲホッゴホッゴホッ...
まじで、行かんて、、、ゲホッ
これ、ぶりっ子は地雷ですな、、、オエ
(^q^)
あなた・トラッポラ
えーと、ここがこうで、、
あなた・トラッポラ
こうか?
あなた・トラッポラ
で、あとは、、
あなた・トラッポラ
よし
ガチャ
あなた・トラッポラ
あ、あの出来ました
「Σ(°꒫°๑=͟͟͞)➳♡ズキュン」
あなた・トラッポラ
大丈夫ですか?
「いえ、、お気になさらず」
「それじゃあ、スタジオへどうぞ」
あなた・トラッポラ
ありがとうございますッ
私、男装の才能あるみたい‪w
イェアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
アハッo(*^▽^*)o
ヴィル・シェーンハイト
あなた!!あんた、遅(((
あなた・トラッポラ
ごめんなさいッ!!
あなた・トラッポラ
遅くなりました、。
ヴィル・シェーンハイト
あたし、ダイヤモンドを発掘したみたいね
あなた・トラッポラ
何言ってるんです?ヴィル先輩
ヴィル・シェーンハイト
何も無いわ
カメラマン
じゃあ、2人街の方へ行くよ〜
あなた・トラッポラ
ふわぁ〜(あくび)
パシャッ
あなた・トラッポラ
?!
カメラマン
いい所と〜れた!!
あなた・トラッポラ
消してくださいッ!!
カメラマン
ダーメ!!
ヴィル・シェーンハイト
何をやってるのよ、、ほら、早く
それから歩いて、5分、、
カメラマン
ここだね、予約しておいた喫茶店は
ヴィル・シェーンハイト
結構オシャレじゃない
あなた・トラッポラ
こんなお店来たことないです、、
カメラマン
それじゃあ、2人そこ座って
カメラマン
普通に話してるみたいにしてね
あなた・トラッポラ
はい!!
普通に話すって、、、何話したらいいんだろ
話せって言われるとわかんなくなるよね
パシャッ
カメラマン
OK
カメラマン
いい写真撮れたよ!!
ヴィル・シェーンハイト
あとは、歩いているところぐらいかしら?
カメラマン
そうだね、それじゃあ次の目的地まで歩こう!!
あなた・トラッポラ
ヴィル先輩は休日はこんな感じなんですか?
ヴィル・シェーンハイト
まぁ、ほとんど撮影ね
あなた・トラッポラ
忙しいですね、、、
ヴィル・シェーンハイト
まぁ、この仕事は楽しいからあたしはそれで充分
あなた・トラッポラ
仕事にやりがいを感じるっていいですね!!


パシャッ
「おや、、、あれは、、、」
「あなたさんじゃないですか」
「隣に居るのは、、ポムフィオーレの寮長ですか」
「あ、なんか、あなた今日おめかししてな〜い?」
「確かに、、いつもより綺麗ですね」
フロイド・リーチ
あなた〜!!ムグッ!!
フロイド・リーチ
何すんだよジェイド!!
ジェイド・リーチ
どうみたって取り込み中の様ですから
ジェイド・リーチ
話しかけるのはやめましょう
アズール・アーシェングロット
もしかして、先輩と撮影、でしょうか
ジェイド・リーチ
そうみたいです、カメラマンもいますし
フロイド・リーチ
え〜、せっかくあなたが居んのに
フロイド・リーチ
このまま帰んの〜、つまんねぇ〜
アズール・アーシェングロット
また学校で話しかければいいでしょう、フロイド
アズール・アーシェングロット
ほら、気付かれる前に行きますよ