無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

. 2
ぐーーーーっと   背伸びをし、体をほぐした。
私
よし、起きるか





リビングへ行き朝食を作る



食べ終わりぼーっとしていた
私
ふーーー


( ๑´࿀`๑)=3
っとあなたは、ため息をついた









明日からは学校だ。



仲良くなれるのかな?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🥀__閔玧其 7.13参戦済み
🥀__閔玧其 7.13参戦済み
よろしくお願いします 語彙力なくて読みにくいかも‪w 投稿お気に入りしてくれると、嬉しいです( ˙˙ )♡* ランキングに乗るのが夢!だから皆さんぜひ読んでくださいm(*_ _)m
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る