無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

. 1
外に出て深呼吸をする
私
( ´◎`)スー( ˙࿁˙ )ハー

前に住んでたところとは違い都会の匂いだ
私
とりあえずコンビニ探さなきゃ





トコトコ







ドン







誰かの肩とぶつかった







私はすぐに振り返った
私
す、すみません。
JUNGKOOK
JUNGKOOK
いえ、こちらこそ
すいません







私
かっこよかったな






トコトコ
私
お、コンビニ発見







入店ーーーー







ん、ん、👀
私




☁さっきの人じゃん







JUNGKOOK
JUNGKOOK
あ、
( . .)"ペコ
私
(〃..)) ペコッ






うん、やっぱ池麺((








そろそろ帰ろ







ガチャ🚪
私
ただいま
誰もいないのに言っちゃった





コンビニで買ってきた軽食を食べる





眠気が襲ってきた
私
ん、、ねむ




ベットへドスン!









そのまま寝ちゃった








ピョピヨ


鳥のさえずりがよく聞こえる清々しい朝。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🥀__閔玧其 7.13参戦済み
🥀__閔玧其 7.13参戦済み
よろしくお願いします 語彙力なくて読みにくいかも‪w 投稿お気に入りしてくれると、嬉しいです( ˙˙ )♡* ランキングに乗るのが夢!だから皆さんぜひ読んでくださいm(*_ _)m
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る