無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

243
2021/03/22

第4話

# 3

side : 勝利
















健人
… 好 き … 。









彼らを見た瞬間、



呼吸の仕方さえ

わからなくなりそうだった。



















抱きしめられている聡くんに














いつもと同じような甘い声なのに


どこか自身の無いようなケンティーの声。




















混乱と動揺と同時に






激しい嫉妬心が込み上げてくる。

























勝利
っ………

















自分だけだと思っていた。














メンバーに、。









メンバーに

恋愛感情を持ってしまっているのは









俺だけだと思ってた。























ケンティーも、



聡くんのこと。














俺と同じ目で見てたんだ、。



























一瞬、




安心したような

ほっとした感覚だったけど














すぐに


黒い嫉妬心でいっぱいになる。




























混乱していながらも



頬を赤らめる聡くん、。


















そりゃ そうだよね。




ケンティーだもん。





















これ以上、


彼らを見たくなくて、












俺は、静かに撮影に戻った。