無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

170
2021/04/29

第13話

# 12

side ︰ 聡









んーっ、、

これからどーしよ、






勝利の家を出てきた俺。



空はもう、暗闇に染まっている。












このまま家に
帰る気 しないんだよなーぁ、






勝利のことは心配だし、。



ケンティーからは

なんか 告白されちゃったし、。

















でも、

勝利の家に

戻ることなんて出来ないし、








ケンティーに会う勇気なんて、

今の俺には無い。



あんな恥ずかしいこと言われて、

平常心で居られるわけないし、。
















マリウス、、



いや、たぶん忙しいよね、

大学の課題 頑張ってるもん、
















じゃあ、、風磨くん、?←



いや、迷惑って思われないかな、

ってか そもそも風磨くんだって

暇じゃないかもしれないし、




いや、でも、

風磨くんなら、

………… 話、聞いてくれる、かも。














…… 聞いてくれる、よね?←













そこまで考えた俺は、

右手に握っていたスマホを開く。


















📞pururururururu←






……
風磨
……まっしま?




スマホの奥から聞こえてくる、

耳障りの良い声。




ま、松島です、←
風磨
なに、どした?




その声は、


いつもよりも、

すこーしだけ優しい気がして。








安心感が湧いてくる。

えっと、
今、暇してるっ?!←
風磨
……は?←
ひま、?←
そう!暇!←
風磨
別に、。
忙しいわけじゃねぇけど
風磨
なに、急に、
いや、ちょっと、。

あはは……笑←
風磨
え、なに、
怖いんすけど←
引かないで?!笑(

今から、話、
出来ないかな、って思って、
風磨
電話で?笑←
ちがーーう、!
会って話せない?笑
あ、忙しいなら
全然いいよ?!
風磨
忙しくねぇ、って
言ってんだろ、。

お前、今どこ?
すぐそっち行くから。
えっ、
……あ、ありがと



来てくれるんだ、。



流石、爆モテ風磨くん、。←