無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

170
2021/05/11

第15話

# 14

side ︰ 聡













風磨
俺、お前のこと好きだわ
















赤信号で止まった車。






それと同時に、


車内の、 空気も、時間も、。


何もかもが止まったような気がした。










えっ、なっ、

ふーま、くんっ、?
風磨
っ、……




…………ごめん、忘れて。












また 動き出した車。








忘れて、って、。



急に言われて、すぐに忘れろって、。












早すぎる展開に

まだ頭が追いつかない。









…風磨くn
風磨
やっぱ、お前、今から
俺の家とか来ない方がいいわ。
……えっ、?
風磨
このままじゃ、
何するかわかんねぇから。
風磨
……家まで送るわ。










もう、よく分からない。





ケンティーからは

告白の上に抱きしめられて




勝利は何故か泣いてて、。










そして、






風磨くんからも、











こくはく、され たっ、?

















いやいやいやいや、


からかわれただけだよねっ、




ほら、俺っていつもイジられるし、


今回も、きっと、そう、、だよ、。



















隣で運転する風磨くんを

少し見上げて見つめてしまう。






今までで

見たことのない表情を

浮かべている気がして。









風磨
……なんすか、
い、いやっ、、
なんでも、ない、です、
風磨
…なら、そんなに
見ないでくれます?w
あっ、うん、ごめん
風磨
事故るから、。
ん?
風磨
そんなに見られると
平常心でいれねぇし。
……えっ、?
風磨
はいっ、到着。
じゃーな、






そう言って、すぐに

帰っていった風磨くん。















“ 事故るから、。 ”



“ 平常心でいれねぇし。 ”




それ、、
どういう意味、…