無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

別れ・再会
­こっちを先に作ってしまって、こっちが1話になってしまいました💦
順番的には設定が先なので、そっちを先に見ていただけるとありがたいです、!




­­­--­­-✄­­--­­--­­--キリトリセン­­--­­--­­--✄­­--­­-
あなたside
ヒュー
ドーンッ
小6、夏、花火大会最後
1番仲良しの友達と見る花火
とっても綺麗で、だから少し悲しかった
こんな綺麗な物をもう今、隣にいる人とは見れなくなるんだ_______________
ドーンッ
ドーンッ_______________
アナウンス「第38回花火大会を終了します。ゴミは各自で持ち帰り_______________」
あなた「終わっちゃったねー、」
??「そうだね」
あなた「帰ろかっ、!」
??「うん」
街灯で照らされただけの薄暗い住宅路
今まで黙ってたけど今言わなきゃダメだよね、、、
引っ越すこと…
あなた「ねぇ、私がいなくても大丈夫だよね?」
??「…?」
あなた「私ね、お父さんの仕事の関係で宮城に行くことになった」
??「………
冗談…?…面白くないよ」
あなた「冗談じゃ、ないよ、、」
ほんと、、冗談だったらいいのに
あなた 「明後日にはもう引っ越す、、
明日は準備とかで忙しいから
今日最後に一緒に花火見れてよかった」
??「…へ?」
あなた「だからさ、今までありがと!!!」
あなた「…バイバイ、!」
??「ちょっ、まっ、、___」
あのまま話してたら泣いちゃうもんな…
最後、笑顔できてたかな…?
笑顔だった方がいいな…
なるべく…思い出してもらうなら笑顔がいいから…ね、
でも、もう1回2人で見たいなぁ、、、花火
~~~~~~~~~~~~~~~
最後って思ってたけどなんとなく会えそうな気がするなぁ、
高2、夏休み直前、お父さんとお母さんが離婚して祖母のいる東京に戻ってきた・   ・  ・ ・ ・
そう、戻ってきた
小6まで東京にいたから…
会えるかなぁ
そーえば小6までずっと同じクラスだったんだっけ…




ひょっとして同じクラスだったりして…
まぁ流石にないよな
東京には何百?校もある訳だし
ましてや同じクラスなんてある訳ないよな
暑い朝の新しい通学路
迷子になりそうだから早めに出てきた
方向音痴な訳じゃないよ??
ただ、最初だから一応…ね、
全然余裕あるな、、時間
とりあえず、職員室だな…
コンコンッ
あなた「失礼します
転校してきた赤根あなたです」
先生「あなたが転校生ね、、着いてきて、!」
あなた「はい!」
どんなクラスなんだろ…?
楽しいクラスがいい
先生「はい、座って〜!今日は転校生がいます」
ザワザワッ
あなた「宮城から引っ越してきました。赤根あなたです
よろしくお願いします !」
「「「「「(笑顔の破壊力えげつなっ、!)」」」」」
自己紹介しただけなのになんかみんな黙ったけど大丈夫そ?
「よろしく〜!」
「よろしくねー!」
うん、さっきの間はなんだろ
とりあえずいいか、気にしなくて
先生「じゃあ赤根さんの席は_______________」
先生「赤葦くんの隣ね」
あなた「_______________え、?」