無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

見慣れた顔
あなたside
キュッキュッ
この床とシューズの底が擦れてなる高い音、転校してきてそこまで経ってないのに何故か懐かしく感じるな…
結局あの後京治に話す機会がなくて男バレ入ろうと思ってること言えなかったけど…
覗いてればなんとかなるかな…?!









凄い…凄い凄い!
あのミミズクみたいな頭してる人のパワーと超インナースパイク!!!ストレートも凄い!!!

京治あんな人にトス上げてるの?!
って言うか全員凄くない?!
なんかワクワクしてきた…!!!
こんな凄いとこ来たんだ……!!!










ってあれ_______________?
あなた「_______________雪絵?」







ってヤベッ、声に出てた……
みんな一斉にこっち見たじゃん…
雪絵「え?あなた?」
なんだか見慣れた顔があると思ったら_______________
親同士が仲良くて小さい時からよく遊んでた雪絵じゃないか
かおり「___ん?みんなどうしt____って、あなた?!」
これまたよく見慣れた顔
従姉妹のかおりじゃないか
雪絵「え、?なんでかおりがあなたの事知ってんの??」
かおり「なんでって、知ってるも何も従姉妹だから…」
雪絵「え?!」
かおり「雪絵こそなんで知ってるの??」
雪絵「幼馴染的な…」
かおり「マジ?______こんな偶然ある??」
あったみたいです。
木葉「え、、?え、どゆこと?誰?」
あ、そうだ自己紹介しなきゃ
あなた「2年6組、赤根あなたです!転校してきて、男バレのマネージャーやりたいなと思って来ました!!!」
猿杙「2−6って赤葦同じクラス…?」
赤葦「まぁ、、はい」
小見「んで、白福の幼馴染で、雀田の従姉妹…?」
あなた「はい!」
「「「「「「(なんかすげぇ…)」」」」」」
あなた「今日は見学に…と思ってきたんですけど…」
まだ入部届け貰ってないしね
できても仮入部かな…
雪絵「いんじゃない?ね、木兎」
木兎「おう!全然いいぞ!!!見てけ見てけ!!」
さっきの超インナースパイクの人、主将なのかな…?
かおり「ってかもうマネ業やる??」
あなた「…いいの?」
かおり「人手増えるだけこっちも楽だし」
あなた「じゃあやろうかな…」



















転校してきてそこまで経ってないのにやっぱり何故かマネ業も久々に感じる