無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

まだ?
あなた「ふぁ〜」
眠い。昨日結構遅くまでやってたからな〜
白福「あなた木兎達の自主練行ってたんだって?」
あなた「うん、ボール出し程度やってた。」
白福「木兎の自主練終わんないでしょ?」
あなた「うん、全然終わんない。でも楽しかった!」
白福「ほーん、あなたが楽しいならいいんだけどね〜」
あなた「??」
でもそういえば月島くんが最後微妙だったな……
大丈夫かな?
木兎「赤根ー!!一緒に朝飯食おうぜ!」
あなた「ほぁっ、木兎さん」
やっぱり木兎さんは朝から元気だ
赤葦「ごめんね朝から」
あなた「アハハ…全然大丈夫」
あ、ダメだ
朝ごはん配る手伝いがあるんだった
あなた「すみませんっみんなに朝ごはん配り終わったら一緒に食べれますけど、時間かかっちゃうんで先食べててください」
木兎「そうか!わかった!」






あなた「ノヤご飯どんくらい??」
西谷「ストップって言うまで!」








__________え、まだストップ言わないの?
もう茶碗2個分はあると思うんだけど
よそう方が大変だよこりゃ
てかストップ言うの忘れてる系?
あなた「え、ノヤm___」
西谷「ストップ!」
あ、忘れてなかった
朝からこんなに食べるのか……
初めてこんなに大盛りにした…
西谷「ありがとな!」
あなた「うん!」


あなた「木葉さんどんくらいですか?」
木葉「普通でいいよ〜」
あなた「……」
木葉「…え?まだいく?」
しゃもじにご飯をすくってお茶碗に盛ろうとする私を同様した顔の木葉さんが止める
あ、そっかストップって言うやつじゃないんだ
あなた「すみません、これくらいでいいですか?」
木葉「うん、ありがとな〜」
危ない危ない
ノヤの大盛り中の大盛りにつられて皆大盛りにするとこだった…

色々な人の色々な量で盛り付けて、さて私も食べようと自分の量を盛り付けてお盆を持ってテーブルに移動した。
かおり達と食べよっと。
さすがに木兎さんたち食べ終わってr________
木兎「あ!赤根来た!食べよー」
あなた「え?先食べてていいって……」
赤葦「一緒に食べよ?」
あなた「うん!」
木兎さんに誘われて、待っててもらって凄く嬉しいけど、京治に一緒に食べよって言われるともっと嬉しいのなんでだろ……
不思議に思いながらも、今の私には答えが見つからず諦めて2人との話とご飯を味わうことに集中した。