無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

🔪
みんなが帰ってから
大西風雅
大西風雅


なぁあなた
雨宮○○(アマミヤ○○)
雨宮○○(アマミヤ○○)
はい
大西風雅
大西風雅
なんで俺たちの前に現れたん・なんで家出ていったん
雨宮○○(アマミヤ○○)
雨宮○○(アマミヤ○○)
誰のことを言ってるんですか?人違いですよ(笑)
大西風雅
大西風雅
そうやと思ったんやけどな…どうも俺の心があんたのお姉ちゃんやって教えてくれてんねん
雨宮○○(アマミヤ○○)
雨宮○○(アマミヤ○○)
、。
大西風雅
大西風雅
本間のこと言ったらどうなん?
大西風雅
大西風雅
俺もう分かってんねんで
雨宮○○(アマミヤ○○)
雨宮○○(アマミヤ○○)
だから私は違いマス!

これが本当のことです
大西風雅
大西風雅
そっか……
大西風雅
大西風雅
やっと姉ちゃんに会えると思ったんやけどな
雨宮○○(アマミヤ○○)
雨宮○○(アマミヤ○○)
すみません
大西風雅
大西風雅
ううん。勝手に思ってた俺が悪いから
雨宮○○(アマミヤ○○)
雨宮○○(アマミヤ○○)
じゃ、解散しますか!
大西風雅
大西風雅
おん。


あなたside


あっぶねぇ


危うくバレるとこだったぜ

まぁ私の?

演技が上手だったから?

まぁ乗り越えられたけど。

勘が鋭いわ


✄-------------------‐✄


はーいどうも作者デーす


はい。今回はですね






私の誕生日でございます


12歳!

姉には風雅のグッズ頼んでみようと思います!