無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

🔪
大西風雅
大西風雅
あのさ……あんた俺の姉ちゃんやない?
雨宮○○(アマミヤ○○)
雨宮○○(アマミヤ○○)
えっ
関ジュ
関ジュ
はっ?……何言うてんの笑
雨宮○○(アマミヤ○○)
雨宮○○(アマミヤ○○)
そ、そうですよォ(( ̄▽ ̄;;)ア、ハハハハ…
大西風雅
大西風雅
ほら!今だってそう
大西風雅
大西風雅
嘘ついたら唇を噛んで乾いた声で笑う。
袖をぎゅっと掴むくせ
変わってへんなぁ
雨宮○○(アマミヤ○○)
雨宮○○(アマミヤ○○)
何言ってるんですか?初対面ですよ?
大西風雅
大西風雅
ほうかほうか
大西風雅
大西風雅
でも俺はあんたのことをあなたって。お姉ちゃんって思っとくから。だからあんたを呼ぶ時も姉ちゃんって呼ぶから
雨宮○○(アマミヤ○○)
雨宮○○(アマミヤ○○)
ご、ご勝手に〜
雨宮○○(アマミヤ○○)
雨宮○○(アマミヤ○○)
じゃあ今日は予定なし!じゃあ帰りましょ
関ジュ
関ジュ
…🙋
大西風雅
大西風雅
なぁ姉ちゃん…ホンマにあなたやないん?
雨宮○○(アマミヤ○○)
雨宮○○(アマミヤ○○)
そうですけど
大西風雅
大西風雅
ちょっとみんなが帰ってから話したいことあんねん
雨宮○○(アマミヤ○○)
雨宮○○(アマミヤ○○)
分かりました。のこっときます
りとかん
りとかん
風雅〜帰らへんの?
大西風雅
大西風雅
おん。ちょっと振り確認してすぐ帰る
りとかん
りとかん
ん。わかった!じゃあな
大西風雅
大西風雅
おん