無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

こういう子、割と好きです、ええ。
凛
うーん暇極めてるなぁ
琴里ノ緤那
琴里ノ緤那
そうだなぁー
凛
なんか音しない?
舞
音っていうか声?
八ツ橋マルヤ
八ツ橋マルヤ
おうどうした
露々子
露々子
緤那様ぁ!
琴里ノ緤那
琴里ノ緤那
ん?露々ちゃん?
八ツ橋マルヤ
八ツ橋マルヤ
あ、私じゃないのね
エミリア・オースティン
エミリア・オースティン
なんですのこの掃き溜めのような部屋は!
舞
なんかまた強そうなキャラきたなぁ……
凛
掃き溜めて
琴里ノ緤那
琴里ノ緤那
そうだけどな
八ツ橋マルヤ
八ツ橋マルヤ
オイ
エミリア・オースティン
エミリア・オースティン
このわたくしをこんなところに居させるつもりで?
八ツ橋マルヤ
八ツ橋マルヤ
てか誰
エミリア・オースティン
エミリア・オースティン
まあ!このオースティン一族の娘、エミリア・オースティンを知らないだなんて世間知らずにも程がありましてよ!
琴里ノ緤那
琴里ノ緤那
世間知らずー
凛
ずー
八ツ橋マルヤ
八ツ橋マルヤ
いやお前らも知らんかったやん?私をディスる時だけ共鳴すんのやめて?
露々子
露々子
というわけです
八ツ橋マルヤ
八ツ橋マルヤ
どういうわけだよ
エミリア・オースティン
エミリア・オースティン
ん?そこのメイド!
露々子
露々子
へっ⁉︎私⁉︎
エミリア・オースティン
エミリア・オースティン
これから私の近辺担当よ!お分かりで?
露々子
露々子
ええええ唐突ううう
琴里ノ緤那
琴里ノ緤那
よし、頑張ってこー
露々子
露々子
……
舞
乙マル