無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

🐰
通行人1
大丈夫?
通行人1
どっから来たの?
幼少期のあなた
幼少期のあなた
え?
幼少期のあなた
幼少期のあなた
なんて言ってるの、
幼少期のあなた
幼少期のあなた
全然わかんない💦💦
頃ころ私はまだ韓国語が分からなかった
それが通じたのか来てくれた人は去っていってしまった
幼少期のあなた
幼少期のあなた
ま、待って…よ
喋ってる言葉もわかんなかったらもうダメじゃん…。
私はまたずっと泣いた
そこに…
幼少期グク
幼少期グク
^^*
幼少期のあなた
幼少期のあなた
え?
それに現れたのがグクだった
グクは何も言わずに頭を撫でてくれた
幼少期のあなた
幼少期のあなた
私の言葉分かる?
幼少期グク
幼少期グク
((´・ェ・`))ゥゥン
グクは首を振った
幼少期のあなた
幼少期のあなた
そうだよね
でもグクの笑顔見てたら元気になってきた
グクは私の手をとって繋いだ
そしてまた頭をポンポンした
それで私は安心してグクの手を強く握った
それから一緒に歩いた
何時間歩いただろう
幼少期のあなた
幼少期のあなた
あれ?
幼少期のあなた
幼少期のあなた
ここ見た事ある!
私の表情が変わったのが分かったのかグクは口パクで"좋았다(良かった)と言った
ここからすぐの所にママとパパが私を探していた
私は急いでママとパパの所に行き抱きついた
幼少期のあなた
幼少期のあなた
ママ!
パパ!
幼少期のあなた
幼少期のあなた
ごめんさない.˚‧º·(ฅдฅ。)‧º·˚.
ママ
あなた!
良かった戻ってきて
パパ
あなた怪我はないか!?
幼少期のあなた
幼少期のあなた
うん、大丈夫だよ!
幼少期のあなた
幼少期のあなた
あのね
幼少期のあなた
幼少期のあなた
あの子が助けてくれたの!
そう言って私はグクの所に行き"ありがとう"と言った
ママ
あの〜この度は娘を助けてくれてありがとうございました!
ママ
なんとお礼をしたらいいか…
幼少期グク
幼少期グク
???
パパ
あ、そっか伝わらないかㅋ
私のパパは韓国語で話した
幼少期グク
幼少期グク
いえいえとんでもないです!
幼少期グク
幼少期グク
それより無事に会えて良かったですね!
パパ
はい!
ありがとうございます
幼少期グク
幼少期グク
あ、あの子なんて名前ですか?
パパ
あぁ〜あなたって言います
幼少期グク
幼少期グク
あなたちゃん可愛い名前ですね!
パパ
ありがとうございますっ
パパ
あの名前聞いてもいい?
幼少期グク
幼少期グク
もちろんです!
チョンジョングクと言います
パパ
ジョングクくんね
パパ
あなた〜
パパ
ジョングクくんに挨拶しなさい
幼少期のあなた
幼少期のあなた
アニョハセヨ
幼少期グク
幼少期グク
アニョハセヨ♡
私はその時、初恋をした


















読んでくれてありがとうございます!