無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

🐰
あなた
あなた
グク?
ジョングク
ジョングク
何〜♡
あなた
あなた
少しだけギュッってしてくれない///?
ジョングク
ジョングク
//////
.°ʚ(  *´꒳))ω`,,)ギュッ♡
ジョングク
ジョングク
これでいいの?
あなた
あなた
うん…///
ジョングク
ジョングク
急にどうしたの?
あなた
あなた
なんでもないよ
あなた
あなた
ただグクに触れたかっただけ///
ジョングク
ジョングク
…!!!!
ジョングク
ジョングク
もうそんな事言われたら離さないから
あなた
あなた
ㅋㅋㅋ
あなた
あなた
ねぇグク?
ジョングク
ジョングク
ん?
あなた
あなた
私ね
あなた
あなた
グクに"2回"も助けられたの
ジョングク
ジョングク
2回???
あなた
あなた
うん
あなた
あなた
グクは覚えてないかもだけどね
私が小学生1年生の頃
家族と韓国に旅行しに来ていた
ホテルに着き私は早く行きたくて仕方がなかった
幼少期のあなた
幼少期のあなた
ママ〜パパ〜
幼少期のあなた
幼少期のあなた
早く行こよ〜
ママ
あなた少し待ちなさい
ママ
ママ達今準備してるから
幼少期のあなた
幼少期のあなた
えぇ〜遅い!
幼少期のあなた
幼少期のあなた
早く行きたいの!
パパ
あなた〜あと少しで終わるからちょっとだけ待ってな
幼少期のあなた
幼少期のあなた
ヤダヤダ
幼少期のあなた
幼少期のあなた
待てない!
幼少期のあなた
幼少期のあなた
先行ってくるね!
ママ
ちょっと!!
ママ
あなた待ちなさい!
幼少期のあなた
幼少期のあなた
やだもんね〜だっ!
私はホテルから1人で出た
幼少期のあなた
幼少期のあなた
うわぁー!
幼少期のあなた
幼少期のあなた
すごーぃ
幼少期のあなた
幼少期のあなた
お店いっぱいだ!
私はママとパパのことをすっかり忘れて楽しんでた
幼少期のあなた
幼少期のあなた
あれ…?
幼少期のあなた
幼少期のあなた
ここどこ?
幼少期のあなた
幼少期のあなた
どうやってきたっけ…💦
夢中になり過ぎて来た道が分からなくなってしまった
幼少期のあなた
幼少期のあなた
ママーー!!
幼少期のあなた
幼少期のあなた
パパーー!!
幼少期のあなた
幼少期のあなた
.˚‧º·(ฅдฅ。)‧º·˚.
私は必死にママとパパを探した
でも走ってホテルから来たから全然わかんない
私はひたすら来た道を戻ろうとした
"ママ""パパ"って叫びながら
幼少期のあなた
幼少期のあなた
もうどこに行けばいいの、
そこにしゃがみこみひたすら声をあげて泣いた
すると何人かの人達が私の所に来た












キリが悪いのですがすいません💦
読んでくれてありがとうございます!