無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

🦋
チャジュノ
…ナ……ハナ
ハナ
え?あれ?私寝てた?
チャジュノ
ウンサンが職員室行ってるから、まだもう少し寝れるけど、寝る?
そうか、部活行くためにウンサンとドンピョを待ってるのか。
ハナ
ううん、大丈夫
起こしてくれてありがとう笑
私はポケットからスマホを出して、アイドルの動画を見ていると
突然その手を掴まれた
チャジュノ
動画なんかみないで。僕じゃだめ?
え?え?
ハナ
ジュノ?
チャジュノ
あ、いや、今の忘れて
手で真っ赤な顔を隠しているジュノがおかしくて
愛おしかった















って
ハナ
夢かーい
遠足の事があって、こんな夢見ちゃったよ
うわぁ…なんか、意識しちゃうじゃん!!
遠足が終わってから、私たちはいつもどうりの生活が続いていた。



授業を受けて、部活に行く


この繰り返し
-教室-
カンミニ
ねぇねぇ、今日席替えするんだって!
ハナ
やっとか~!
サラン
私は席替えしなくてもいいけどなー
カンミニ
何言ってんの!一番前の気持ちを思い知れ~!
ハナ
私はここでもいいけどなー笑
カンミニ
ハナまで?!俺は一生1番前の席にいろってこと?!泣
サラン
そーじゃないしー
ハナ
だって、前にはミニがいて、後ろの後ろはサランだから楽しいからさ
カンミニ
嬉しい事言ってくれるけど、席替えしたい
そして、席替えのくじを引き、席が変わった
サラン
ハナー!隣~!!!
ハナ
ほんと?!嬉しい🥺
私とサランは一番後ろの窓側で隣になった

ちなみに私が窓側
チャジュノ
あ、僕前だよ
ハナ
ジュノ~!
カンミニ
俺は通路挟んで隣だな
なんと私たちみんな席がかたまりました
ハナ
おー!ミニ、一番前は回避したんだね!
カンミニ
もうなりたくない
古典の先生の絡みしんどい…
また、楽しい時間を過ごせそうです