無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

🦋
バシャ
私たちの前でコップをもったクラスの子がコケ、ジュノ君と私にかかった
ハナ
あつっ!
クラスのみんな
あぁ!ごめんなさい
ハナ
大丈夫だよ
ジュノ君は大丈夫?
チャジュノ
熱いけどまぁ
先生
ちょっと~気をつけなさいよ?
ハナさんとジュノ君は一応、かかったところ冷やしておいで
ハナ
はーい
近くの水道場でかかったところを冷やしていると
チャジュノ
ハナさんは、今日、楽しい?
ジュノ君から話しかけられるのが新鮮でびっくりした
ハナ
うん!すごい楽しいし、この班で良かったと思ったなぁ
チャジュノ
良かった~
といってジュノ君は照れて笑った
ハナ
笑った....
チャジュノ
え?
と、まだ口角が上がったままのジュノ君がこっちを見る
ハナ
あ、いや、
まだ私ジュノ君の笑った顔見た事無かったから
チャジュノ
あぁ、よかった
笑った顔が変とか言われるのかと思った
ハナ
そんなこと言わないよ~
チャジュノ
.....ジュノでいいよ?
ハナ
う、うん
ジュノもハナって呼んで?
チャジュノ
ん、
ハナ
おし、もう行こうか
こんなにジュノと話したのは初めてだったし、笑顔を見たことでなんか距離が近くなった気がする
サラン
あ、ハナ~ジュノ君~
大丈夫だった?
ハナ
大丈夫だよ~笑
ソンヒョンジュン
ハナ~~
ヒョンジュン若干涙目だし笑
ハナ
大丈夫だってーやけどでも無いと思うし
ソンヒョンジュン
あーびっくりした
ミニが火傷したとか言うから
カンミニ
え?火傷じゃないの?
チャジュノ
ふはっ
カンミニ
うわぁージュノに笑われたぁー
ずっと声を出して笑わなかったから一緒にいてつまらないとか思われてるのかと思ってたけど、安心した
サラン
ハナ
ハナ
ん?