無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

🦋
イウンサン
ごめんジュノ、放課後時間ある?
チャジュノ
あるよ
イウンサン
じゃ、その時に。
ハナ、数学の教科書借りてくね
ハナ
あ、うん!
軽く修羅場だったけど、2人の仲が戻るといいな
やっぱり親友って存在は大切だし。
席に着くと
カンミニ
ジュノが怒ったのは久しぶりに見たな…
とミニが独り言を言っていた
~放課後~
ハナ
ジュノ君とウンサン、話し合って元に戻れるといいね
サラン
そうだね!じゃあ、今日は調理部覗いてくる~
ハナ
はーい、ばいばい!
ヒョンジュンとミニはすっかり仲良くなってしまい、今日はスパイクを見に行くらしいから帰り道は1人だ
ソンドンピョ
ハナ~!
ハナ
ドンピョ~🥰
ソンドンピョ
今から帰る?一緒に帰ろ~
ハナ
帰ろ帰ろ!2人で帰るの初めてだね!
ドンピョにダンス部に入ることを伝えるとすごく喜んでくれた
ソンドンピョ
ハナと同じ部活楽しみだなあ!
明日見学しに行くけど、ハナも行こうよ
ハナ
行きたい~!
ポツポツ
ソンドンピョ
お?雨?
ハナ
雨降るなんて知らないよー
ソンドンピョ
とりあえずあそこの公園行こう!
まだそこまでひどくない内に雨宿りする場所を確保することができた
ソンドンピョ
そーいえばさ、ハナは兄弟とかいる?
ハナ
いないよー
ソンドンピョ
僕は弟と妹がいるんだ
ハナ
へぇ!!ドンピョは末っ子ってイメージだから意外だなあ
ソンドンピョ
へへへっ
雨が止みそうになってきた

通り雨だったおかげで10分ぐらい振られただけだった
ソンドンピョ
あのさ、実は、アイドルになる夢を叶えるために地方からこっちに来てて、今は従兄弟の家で暮らしてるんだ
ハナ
え!そうなの!!すごいねドンピョは
ソンドンピョ
昨日、そのいとこの誕生日でケーキが残ってるんだけど食べに来る?
ハナ
行く行く!いいの?!✨
ソンドンピョ
すぐそこだから!
ほんとにすぐについた
ソンドンピョ
ただいまー
ヨハニヒョン
ケーキ友達と食べるね