無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

🦋
ドタドタっと音がして、

大学生ぐらいの男の人が出てきた
ヨハン
いらっしゃーい!って女の子かーい!
ハナ
初めまして!カンハナです
ドンピョ君とは同じ部活になる予定です
ヨハン
ということは、ダンス部か!
いいねぇー
ソンドンピョ
ハナ!ケーキ食べよ!
ヨハン
こいつ、こーでもしないとケーキもう一個食べれないから笑
ソンドンピョ
ヒョン!余計なこと言わないでください
ヨハンの妹
あードンピョオッパおかえりなさい
ハナ
あ!この子が昨日誕生日の子?
ソンドンピョ
そうそう
ハナ
わー誕生日おめでとう!
ヨハンの妹
ありがとうございます!!
ヨハン
さーさ、ドンピョたちのお邪魔しちゃいけないからひっこまないと
ソンドンピョ
ヒョンー😠
ヨハンさんにいじられるドンピョは弟感が溢れててほんとに可愛く思えた
美味しいケーキを食べたあとは少し部活について話して私は家に帰った
ハナ
それにしても、ヨハンさん犬顔イケメンだったなぁ
ジュノ君とウンサンはどうなったかなっと考えていたら眠ってしまった
~次の日~
ハナ
おはよー
カンミニ
おはよ~
ミニはいつも朝早いからいつも挨拶を返してくれる
サラン
おはよー!
ハナ
あれ、サラン今日は珍しく早いね!
サラン
早起きしちゃって!
ソンヒョンジュン
ハナークラスに誰もいない~
カンミニ
こっちおいで
一緒に話そう
ソンヒョンジュン
行く~
ミニとヒョンジュンが兄弟みたいに見えて笑えるなぁ
みんなで話して、クラスの人もだんだん来始めた頃
サラン
ジュノ君だ
チャジュノ
みんなおはよ
ハナ
おはよ~!
うん。いつもどうりの挨拶
ソンヒョンジュン
じゃあ僕はもう教室戻るね~
ハナ
あ、ヒョンジュン送ってくよ
ソンヒョンジュン
送ってく?笑
ありがとう
5組にはウンサンもドンピョもいて、楽しそうに話していた
ソンドンピョ
あ!ハナ~
ヨハニヒョンがまた来てねだって~!
ハナ
行く行く~!!!
ソンヒョンジュン
???