無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

398
2021/10/22

第58話

お泊まり会
テオくん目線   付き合ってる
-
今日はスカイハウスで青ラブでお泊まり会をする
俺は面白いんだろうなっていう感情とノリで
かすを好きってつい言ってしまう
じんたんと付き合っているのに
付き合っていることは
まあたそにもかすにもまだ言ってない
今はお風呂に入る時間
じんたんが少し?いや結構拗ねている
でも俺は気づいていなかった
テオくん
俺かすと入りたいんですけど
かす
ねぇまじキモイんですけどww
ヘラヘラしながら会話をしている
まあたそ
テオくんまじで必死すぎない?www
テオくん
新しい画を撮りたいじゃん!?
じんたん
2人で入ってきたらいいじゃん、w
かす
もう普通に男二人で入ってよ
かす
炎上するよ?
テオくん
青ラブなら許してくれるって!
俺はその場のノリで突き通している
じんたんのことなんて何も考えていなかった
まあたそ
そうだよ流石にやばいよ?
まあたそ
2人で入ってきて
テオくん
もう、分かったよじんたんと入ってくる
じんたん
めちゃくちゃ落ち込んでるやん、w
結局じんたんと風呂に入る事になった
-
テオくん
じんたん、風呂行こ?
じんたんは無言で早歩きで風呂に向かった
え?何?俺嫌われてる?
テオくん
え、じんたん待ってよ
早歩きでじんたんを追った
テオくん
ねぇじんたん?
話しかけても反応してくれない
俺何か悪いことでもしたかな
じんたん
うるさい…っ
じんたん
テオくんには俺の気持ちなんて1ミリも分かんないよ…分かってないよ
テオくん
え…?
じんたんが嫉妬してるのかなとやっと考え付いた
テオくん
じんたんもしかして、嫉妬してるの?
じんたんの顔が分かりやすく真っ赤に染まった
答えは聞かなくても分かる
テオくん
ごめんね、ついノリでさ
謝ったけど
じんたんはさっさと服を脱いでシャワーを浴びている
テオくん
じんたん、
俺はそのじんたんを後ろから抱きしめた
じんたん
っ、!?ちょっと、何…!!
テオくん
じんたんの体暖かい
テオくん
ちゅ、…っ
じんたんの背中にキスマを付けた
じんたん
ぅ、ぃや…っ
テオくん
ごめんねじんたん…もうじんたんしか見ないから、許して…?
じんたん
…っ、ずるい…
テオくん
え?
じんたん
ずるいの…!
じんたんがいきなり風呂に入った
鼻の下くらいまで風呂に浸かっている
照れ隠し…なのかな
テオくん
可愛いなお前は
じんたんの頭を撫でると
じんたんは横を向いた
俺も頭と体を洗って風呂に入った
テオくん
ねぇ、じんたん
じんたん
なに、
返事が素っ気ない
テオくん
風呂でヤるのってエロくない?
じんたん
っ…!?何言ってんの、っ
いきなりじんたんにキスをした


長くて深いキス
右手をじんたんの後頭部に持っていく
じんたん
んん、っ…ふっ、ちゅ
テオくん
ちゅ、っ…はぁっ、
テオくん
いい?
じんたん
っ…いい、よ…
-
俺達は体を洗って風呂から出た
しっかり風呂の水は抜いて
じんたんが敏感になっている
腰を少し触るだけでビクッとする
じんたん
っ、なに…
じんたんがバスタオルを持って体を隠している
それだけでもなんかエロい
テオくん
じんたん許してくれる、?
じんたん
もう、うるさいな…許すから、っ!
テオくん
ありがとうじんたん大好き
そう言って俺はじんたんを抱きしめた
-
かす
遅かったじゃん
まあたそ
先に入っておいて良かったわ
テオくん
ごめんごめんww
まあたそ
てか、大声出してなかった?
多分それじんたんの喘ぎ声
とは流石に言えなかった
じんたん
あっ、あー、それはね…
テオくん
ちょっと水掛け合ってたんだよ
かす
そうなの?
何とか言い訳を作った
じんたん
そうそう、!
バレるのは時間の問題かな
-
え、まじで終わり方やばいですよね
語彙力どこかに行っちゃって…